BLOG

製粉工場の見学を振り返る

つい一週間程前のこと
長野市にある柄木田製粉さんの工場見学へ

一般的に小麦粉は、小麦粉に含まれているたんぱく質の量によって種類が分けられる
強力粉・準強力粉・中力粉・薄力粉

その中で、パンに使われるのが強力粉である

小麦を製粉する場所にいれたら、すぐに製粉されて出てくると想像していた

しかし、製粉工場では、一気に小麦をつぶして粉を採るのではなく、何段階にも分けて製粉されているのだと初めて知った

まず、収穫された小麦粉が製粉会社へ運ばれる

異物は麦の段階で取り除く
この異物を取り除く作業だけでも何段階にも分かれている

次に、調質(加水)
これは、収穫時に麦が硬い状態の為、扱いやすくするためだ
例えば、調質せずに製粉してしまうと、色が悪くなったりするそう

ここまでが、製粉する前の前段階

後は、挽き方の種類によって、破砕・ふるい・純化の工程へ
粉によっては、この工程を何度も繰り返す

そして、小麦粉サイロへ経て、ようやく袋詰めされる

見学の1時間では、全てを見ることは到底出来なかった

思った以上に複雑すぎて、想像を遥かに超えていた

あぁ。小麦粉ひとつでも、こんなにも手が掛かるのだな

小麦粉を作ってくれた人、製粉してくれた人、届けてくれる人などなど・・・
多くの人の手と機械を通して、わたしたちの店舗にも運ばれる
そして、パンを作り、はじめて商品としてお客様のもとへ


私たちにできることは、
手をかけてくれた想いを感じながら、パンと向き合い、“おいしい”をお届けすることです(^^)/


もうすぐ刈り取りの季節
新麦が今から待ち遠しい(´▽`*)ワクワク

参考資料
小麦の魅力ー豊かで健康な食生活を演出ー(改訂版)財団法人 製粉復興会

↑
MENU CLOSE
あづみのるベーカリー
OPEN 8:00〜16:00 / CLOSE 月・火
  • Facebook
  • Instagram